2008年02月04日

格差社会とは?

ある基準をもって人間社会の構成員を階層化した際に、
階層間格差(特に経済格差−所得格差・消費格差・資産格差)が
大きく、階層間の遷移が不能もしくは困難である
(つまり社会的地位の変化が困難、社会移動が少なく閉鎖性が強い)状態が存在する社会であり、社会問題の一つとして考えられている。

学問的には、社会学における社会階層研究や、
教育社会学における不平等や地位達成研究(進学実績、教育志望、
職業志望研究)、経済学における所得や資産の再分配研究と関連している。

日本では80年代前半まで総中流社会と呼ばれていたが、
バブル期以降格差社会に突入したと言われる。

封建制度の下の制度化された状態や、イギリスのように
格差が文化的領域まで固定化した場合には階級社会と呼ぶことが多い。

■2006年流行語大賞トップテン選出。
小泉政権期のあいだに一種のブームとして種々のメディアを賑わせたこの言葉は、それになぞらえる概念、例として恋愛格差などの様々な概念の生みの親ともなった。


ニート、フリーター等若年層の就業・生活形態の変化には、
将来の格差拡大要因を内包していることには注意が必要。


昨年、「派遣の品格」が話題になったように、
「派遣」のような雇用形態の多様化もこの経済格差に
影響していることと思います。
しかし、雇う側にも厳しい事情があること。
不況のこの社会を乗り切っていくには、
少し頭をひねっていかなければと思います。

今や、副業なんて当たり前。

会社にしがみついていれば安心なん
て時代ではないのです・・・・


不況・不況というけれど、この時代だからこそ
稼げている人もたくさんいるのです。

★★不労働収入情報★★
私の収入をあなたにも分配しちゃいます宣言
アフィリエイト報酬は、その分の仕事を行えば
もらえて当たり前です。ですがその販売元の売上の一部を
もらえること本来あり得ないことです。
でも、それを可能にしたのが不労deオールミリオネアの
分配プログラムの企画なんです!
posted by ハー・モニカ at 01:19| Comment(0) | 現代用語辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

ワーキング プア(working poor)とは

■■ワーキング プア(working poor)とは■■

正社員並みにフルタイムで働いてもギリギリの生活さえ維持が困難、
もしくは生活保護の水準以下の収入しか得られない就労者の社会層のことである。

直訳では「働く貧者」だが、働く貧困層と解釈される。

発展途上国などで見られる典型的な貧困層とは異なり、
新自由主義の先進国で見られる新しい種類の貧困として近年問題視されている。

政府として、公式な定義があるという認識はなく、
新たな定義づけや統計の作成等も考えていない。
福田康夫 内閣総理大臣は「いわゆるワーキングプアについては、
その範囲、定義に関してさまざまな議論があり、
現在のところ我が国では確立した概念はないものと承知しております。」
「これまでに、いわゆるワーキングプアと指摘された方々は、
フリーター等の非正規雇用、母子世帯、生活保護世帯等でございまして、
このような方々の状況については、既存の統計等によりましてその把握に努める」
と第168回通常国会本会議(2007年10月4日)で答えている。



★★不労働収入情報★★
私の収入をあなたにも分配しちゃいます宣言
アフィリエイト報酬は、その分の仕事を行えば
もらえて当たり前です。ですがその販売元の売上の一部を
もらえること本来あり得ないことです。
でも、それを可能にしたのが不労deオールミリオネアの
分配プログラムの企画なんです!
posted by ハー・モニカ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代用語辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。